3Kイメージを払拭!明るくキレイないまどきのコインランドリー

コインランドリーの進化

かつて、コインランドリーと言えば、古びた洗濯機と、2,3台程度の乾燥機が置かれ、場所によっては誰かが横になって乾燥終了を待っているような、いわゆる「男らしい」雰囲気がありました。しかし時代は変わり、今やコインランドリーは清潔感があふれ、防犯カメラも完備され、安全面も向上し、映画に出てくるような古いイメージは皆無となっています。 今どきの賃貸アパート、マンションには、入居時から家電据付の物件が多く、コインランドリーの需要は減りつつあると思われがちです。ところが、コインランドリー需要数は意外にも増加傾向にあります。その理由として、 (1)清潔感・安全面向上により入店しやすくなった (2)共働き世帯の増加に伴う洗濯時間の短縮 (3)布団・毛布など大物衣類のダニおよびハウスダスト対策 などが挙げられます。また、長雨や大掃除の際には、多くの利用者で台数が足りなくなるほど、利用率が上がることもあります。

実際のコインランドリー店舗では

実際の店舗へ行ってみると、店舗前には広い駐車場があり、駐車はとても容易です。入店すると、明るい照明と洗剤のいい香りで包まれ、清潔感にあふれています。店内には非常に大きなドラム洗濯機とガス式乾燥機が数台、そして乾燥後の衣類回収用カート、衣類折り畳み用のテーブルが数台並んでいます。 また、店舗には頻繁に清掃員が訪れて清掃を行っており、ゴミはほぼありません。もちろんテーブルもきれいに拭きあげられており、その上で衣類を折りたたみむことに抵抗はありません。さらに、店舗によっては支払いに現金だけでなく、電子マネー等も使用できるところがあり、利用者にとってはとても便利です。 寒い時期は重ね着も多くなり、洗濯回数も多くなりがちです。また、厳しい寒さの中、屋外への物干しも苦痛となります。そんな時は、洗濯だけでも家庭で済まし、乾燥だけコインランドリーを利用して、暖かく洗濯乾燥を終えるのも、いい方法かと思います。

© Copyright Modern Coin Laundry. All Rights Reserved.